名刺の印刷のサービスを選ぶときや利用するときの注意点

名刺の印刷サービスには様々なものがありますが、用途に応じて適切なものを選ぶことが大切です。ポイントとして挙げられるのは、まず品質の高さを選ぶのか料金の安さを選ぶのかという点が挙げられます。例えば大量に配って成果につなげたいセールスマンであれば、少しでもコストを抑えたいと考えるものです。一方で弁護士のような信用が必要な職業であれば、あまり安っぽいものは不似合いと言えます。このようにTPOに応じて品質と料金のバランスを考えることが必要と言えます。また、注文に慣れた人であれば細かくレイアウトなどを編集できるサービスが必要ですが、初心者であればとにかく簡単に注文できるようなサービスが必要です。このようにそれぞれの事情に応じて自由にサービスを選ぶことができます。

オンデマンドかオフセットかの違いを知ること

まず名刺印刷にはオンデマンドとオフセットがあることを知っておく必要があります。オフセットは従来の方法ですが、大量に刷ることでメリットが得られる特徴があります。注文枚数が多いほどに単価が安くなるというわけです。逆に枚数が少なくなると単価が上がるようになり、ある枚数まで少なくなると、今度はオンデマンドの方が単価は安くなります。オンデマンド機はデジタルプリントによって、データさえあればすぐにプリントできる特性を持ちます。スピード自体はオフセットの方が断然早いものですが、すぐにでも名刺が必要という場合には便利に活用できます。ただしキメの細やかなデザインであれば、高精細印刷が可能なオフセットの方が綺麗に仕上がります。このように品質と料金単価のバランスを考えて選ぶことが大事です。

デザインをどこまで凝ることができるかも重要です

ネットで名刺を印刷する場合には、多くはユーザー自身がサイト上でデザイン編集をする必要があります。一見すると面倒なようですが、名前や連絡先などを打ち込むだけなので簡単に済んでしまいます。初心者であれば、そのように手軽に注文できるものが向いています。一方でデザイナーのようにデザインに凝りたいというような場合には、細かくレイアウトなフォントなどを調整できるようなサイトが必要です。自前の画像データを取り込んで背景に使うといった機能も必要になります。どのような画像データが必要なのかもチェックしておくことが大事です。細かなデザインにするのであれば、ネットではなく製版会社による高精細なオフセットによる制作が必要となります。色調も細かく修正してくれるので満足度の高いものが出来上がります。