まず名刺の印刷のサービスとは何か基本的なことから説明します

名刺の印刷サービスを利用するためには、まず注文の方法から知っておく必要があります。人気を集めているのは、料金が安いネット通販型のものですが、これは業者のサイトから注文をする形になります。まずサイズの大きさがいくつか選べるものであれば、そこから必要な大きさのものを選びます。続いて片面だけに文字やデザインを配するのか、それとも両面に必要なのかを選びます。それぞれにモノクロとカラーがあり、料金もそれによって異なります。次に多くの業者では、納品の期間を選ぶようになっています。即日渡しから一週間ほどかけるものまで選べるようになっていますが、期間が長くなるほどに料金は安くなる仕組みとなります。その次に必要なことは、紙面のデザインのテンプレート選びです。

デザインのテンプレートについて

名刺印刷のデザインにはテンプレートから選ぶことで、簡単に行えるものが多くなっています。まずタテ型とヨコ型のどちらにするのか、片面か両面かなどを決めます。続いて使用する用途に応じてデザインを絞り込む作業に移ります。例えば一般的なビジネスで使うのか店舗で使うのか、あるいは個人的な趣味のために必要なのかによって選ぶデザインは変わってきます。テンプレートが決まったら、今度は文字を打つ作業にかかります。自分の名前と会社名や連絡先、住所などを打ち込みます。レイアウトの位置を修正に、必要があれば裏面の文字も入力します。さらに凝ったものにしたいのであれば、画像を挿入することも可能です。これはサービスによって扱うファイルが異なるので、事前に確認することが必要となります。

名刺の印刷の種類について知っておきたこと

ネットサービスではオンデマンド機を使うことが多くなります。このオンデマンドというのはデジタル印刷機とも呼ばれるもので、従来のオフセットとは異なる仕組みで名刺を刷っています。オフセットはアルミ板とブランケットと呼ばれる筒状のゴム印のようなものにインキを乗せて、紙に転写する仕組みになります。刷るスピードが速く、枚数が多くなるほどに料金単価が安くなるのが特徴です。一方のオンデマンド機はインキを直接紙に吹き付ける方式で、プリンターに近い構造となります。スピードはオフセットほど速くはありませんが、少ない枚数ならば単価が安くなるのが特徴です。納品に関してもオンデマンドの場合であれば、注文を確定してから最短で数時間後には仕上がるサービスも増えてきています。

社内でお使いの購買サイトとの連携が可能です。 最新のオンデマンド出力機を取り揃え色数に関係なくハイクオリティ且つローコストを実現! 名刺のお問合せにつきましては午前9時から午後19時迄受け付けております。土日祝日はお休み致します。 企業のご要望に沿った運用・お見積りをご提案致します。平均20%のコスト削減を実現。(当社調べ) 正確なプレビューにて画面上の校正が可能です。 Web上で名刺をデジタル印刷できるサービスはこちら!